ハムスターの腫瘍(手術の画像があるので苦手な方はご遠慮ください) | 札幌市北区新川の動物病院|マリモアニマルクリニック

病気についての話

ハムスターの腫瘍(手術の画像があるので苦手な方はご遠慮ください)

ハムスターには腫瘍が非常に多く発生します。

腫瘍ができる場所によって、飼い主さんが気付きやすい場合と非常に気付きにくい場合があるのですが、外皮系に発生する腫瘍は飼い主さんでも異常がわかりやすいので時々ひっくり返してみてみたり、あちこちを触ったりして見ることをお勧めしています。

ポイントは健康で元気な時から、時々体を触るということ。

正常な状態がわかって初めて、異常に気づくことが可能となります。

外皮系には非常に多くの腫瘍が発生し、良性なものもあれば悪性度が高く転移病変を作って急速に進行し早期に亡くなってしまうこともあります。

無麻酔で行う針吸引による細胞診で大まかな判断が行えることもありますが、確定診断には組織を採取して病理検査を行う必要があり、飼い主さんにとってもハムさんにとってもそれはなかなかハードルの高い判断となります。

しかしながら、腫瘍にもそのハムスターの品種や年齢、性別、発生した部位により、ある程度の傾向がみられることもわかってきており、針吸引検査などの結果を交え事前にその辺りの情報をお伝えさせていただいております。

治療にはやはり手術が必要となってくることが多いのですが、すっきりうまくいく場合もよくある一方で、状況によっては手術があまり意味をなさないことが最初から予想される場合もあったり、また、治すことが目的ではなく、その後の生活の質を保つために行う手術も実際に行うことも時々あります。

当院では古くからハムスターの手術を日常的に行なっておりますが、腫瘍はかなり大きくなり過ぎてしまうと、手術そのものが困難となってしまうことも少なくないため、何かあるぞ?と異変に気づいたらできる限り早めに相談していただくことをお勧めしています。

画像はゴールデンハムスターの乳腺腫瘍の手術中と術後の画像です。