エキゾチックアニマルについて | 札幌北区の動物病院・マリモアニマルクリニック

札幌市北区新川の動物病院マリモアニマルクリニック

〒001-0922 北海道札幌市北区新川2条7丁目3-38 MEGAドンキホーテ新川店隣

お問い合わせ

011-764-0201

エキゾチックアニマルの診療について EXOTIC ANIMAL COMPATIBLE MEDICAL CARE

エキゾチックアニマルの診療Exotic animal medical examination

当院では、うさぎやフェレット、ハムスター、鳥などの
エキゾチックアニマルの診療を積極的に行なっています。

近年犬や猫においては診断法、治療共々目覚しく発展してきております。10年前にはできなかった事が今では当たり前にできるという場面も増えてきました。 しかし、それ以外の小動物(エキゾチックアニマル)における医療は、まだまだ発展途上の分野です。エキゾチックアニマルといってもそれを全て一括りにできるわけではなく、動物ごとに解剖、生理、発生しやすい病気や治療法など全てが異なります。

これらの動物の診療で難しいのは、犬や猫のようにわかりやすい形で症状を表してくれない点です。 よく言われることではありますが、多くは捕食される立場の動物ですのでよほど悪くなるまで症状を表さない傾向があり、そのため飼い主様が気づいて病院に連れてきた段階では既にかなり深刻な状況となっているケースが非常に多く見られます。

その様な性格からストレスを与えるとそのまま亡くなってしまう事も珍しくないのです。そのためこれらの動物では、そのような状況下で何を優先的にすべきか、どのような方法で行なっていけば最も助かる確率が高くなるかを常に考えながら診察を行なっていく事となります。

最近になって少しずつこういった動物を診察する病院も増えてきましたが、まだ犬や猫ほどは一般的にはなっておりません。前述の通り動物の種類ごとに考えていくことが全く異なってくるため、幅広い知識が必要なのと、その動物ごとの取り扱い法にもそれなりの経験が必要となってくるからです。

獣医師としてまだ駆け出しだった頃、知りたいと思っても知りたい事があっても情報がとにかく少なく、まさに試行錯誤の連続で手探りで診療していたわけですが、特にここ10年位の間にエキゾチックアニマルの医学に関しての書籍なども多く出る様になってきており、日々その内容も更新されてきています。 できる限り様々な問題に対応できる様、日々努力しております。